グループホームのぞみ

  • 和歌山(岩出市・紀の川市・和歌山市)介護・福祉サービス事業所 皆楽園
  • 皆楽園概要
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

グループホームのぞみ

皆楽園トップページ > 知る > 事業所のご案内 > グループホームのぞみ

グループホームのぞみってどんなところ?

グループホームのぞみは、認知症対応型共同生活介護と介護予防認知症対応型共同生活介護のサービスをおこなっている事業所です。 家庭的な雰囲気のなかで、できることをやりながら共同生活しています。 入居定員は9名です。

以下の条件をすべて満たす方が入居できます。

  • 認知症である方
  • 要支援2、要介護1~5の方
  • 岩出市にお住まいの方
  • 少人数での共同生活を営むことができる方

ご利用に関するお問合せは下記の連絡先までお願いします。

グループホームのぞみ
事業所名 グループホームのぞみ
所在地 〒649-6258 和歌山県岩出市山591
連絡先 Tel:0736-69-3552/Fax:0736-69-3553
営業日/営業時間 年中無休/24時間

グループホームのぞみの建物・設備

グループホームのぞみ外観

規模と外観

構造:鉄筋コンクリート造2階建ての2階部分
延床面積:379.06 ㎡
建物面積:1348.99 ㎡

内観と設備

グループホームのぞみは2階建て建物の2階部分です。(1階はデイサービスセンターです)。 居室はすべて個室で、それぞれの個室にはベッドとタンスを完備しています。今まで使い慣れたテレビや冷蔵庫、ソファー、机を持ち込んでいただいても構いません。 共有スペースとなっているホールは、ダイニングコーナーとリビングコーナーに分かれています。ホールに面する形でキッチンがあります。
グループホームなごみ内観
グループホームのぞみの設備
(1)ユニットの様子。食堂とリビングが隣り合っています (2)グループホームの居室は全て個室です (3)床は段差のないバリアフリー (5)キッチン

上に戻る

皆楽園ホームヘルパーステーションの介護サービス

認知症対応型共同生活介護(グループホーム)

認知症対応型共同生活介護
介護予防認知症対応型共同生活介護

自宅と同じようにキッチンやダイニング、リビングや浴室などが整った家庭的な雰囲気のなかで、比較的安定した状態にある認知症の方を対象に、少人数でスタッフとともに家事や趣味を楽しみながら共同生活するものです。

サービス概要

レクリエーション・行事

読書や手芸などの趣味を楽しんだり、ご希望に応じて、散歩や買い物、ドライブにでかけたりしています。 新年会、節分、花見、夏祭り、秋の遠足、お誕生日会といった行事をおこなっています。毎月28日には根来寺の不動尊参りに車で出かけます。必要に応じて、スタッフとご利用者が一緒に買い物にでかけたりします。近所にはよく散歩に出かけます。
レクリエーション・行事
レクリエーション・行事
(1)天気の良い日はお散歩にいくことも (2)お地蔵さんにお参り (3)根来寺への不動尊参り
食事

食事

朝食は、米食やパン食、粥食など、ご利用者の希望に添った食事にしています。昼食と夕食は、ご利用者様の声を参考にしながら決めます。ご利用者の誕生日には、ご本人の希望を取り入れ、お好みの食事を楽しんでいただいています。お寿司は人気メニューのひとつです。 食事は、ご利用者とスタッフが同じテーブルを囲み、会話しながら楽しい雰囲気の中でいただきます。 一人ひとりの食事量を記録しており、栄養士には、定期的に栄養のバランスをチェックしてもらっています。
食事
(1)食事はスタッフもいっしょにいただきます (2)調理を手伝っていただくこともあります (3)おやつもいっしょに

入浴

毎日入浴していただくことができます。浴室には手すりや階段を備え付けています。
入浴
グループホームなごみの取組み

グループホームのぞみの取組み

お互いが家族のように会話し、認知症であっても普段どおりの生活ができるように、家族の目線で接するように心がけています。特に日課は作らず、ご自宅でおられた時のようにできるだけ自然体で過ごしていただいています。起床時刻や就寝時刻に決まりはなく、一人ひとりの状態に合わせてその人らしい生活をしていただけるようにご利用者を尊重しながら支援しています。

ご利用者の日々の様子や健康状態は、毎月、家族様にお伝えしています。面会に来られた際には、さらに詳しくお伝えるようにしています。 地域の夏祭りへの参加や中学生の体験学習の受け入れ等を通じて地元との交流に努めています。

年1回、同建物1階にあるのぞみデイサービスセンターと合同で避難訓練を消防署の協力と指導の下でおこなっています。それ以外にも防災ビデオ研修や消火器等の消防設備の使い方の研修もおこなっています。

グループホームのぞみのスタッフからみなさまへ

課長:佐賀野 真由美 課長:佐賀野眞由美

誰もが利用したくなるグループホームを目指して

地域の中で生き生きと、共に笑顔で、家族のように対話し、認知症であっても普段通りの生活ができる、誰もが利用したくなるグループホームを目指しています。 いつも家族のような目線で接するように心がけています。日課は作らず、ご自宅におられた時のようにできるだけ自然体で過ごしていただいています。認知症であっても、昔から身についた事(お料理やお洗濯など)をできるだけやっていただけるように支援しています。

上に戻る

グループホームのぞみの所在地とアクセスマップ

皆楽園について知る

お問い合わせ