PURE皆楽

  • 和歌山(岩出市・紀の川市・和歌山市)介護・福祉サービス事業所 皆楽園
  • 皆楽園概要
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

障がい者支援施設PURE皆楽

障がい者支援施設PURE皆楽ってどんなところ?

すべてのご利用者の笑顔のために

障がい者支援施設PURE皆楽 PURE皆楽は2004年に開設した グループユニット型施設です。建物内は木目調の内装に なっているため、清々しい空間になっており、吹き抜けの 中庭は、美しく整えられた庭園になっています。

居室は全室が個室となっています。 PURE皆楽では、施設入所支援事業、生活介護事業、短期入所事業、地域生活支援をおこなっています。

利用定員は、施設入所支援事業が50名、生活介護事業が50名、短期入所事業が10名、地域生活支援事業が15名です。 各サービスの利用対象は、療育手帳をお持ちの方です。




ご利用に関するお問い合わせは下記の連絡先までお願いします。

事業所名 PURE皆楽
所在地 〒649-6413 和歌山県紀の川市竹房314
連絡先 Tel:0736-77-0080/Fax:0736-77-0086
営業日/営業時間 年中無休/24時間

PURE皆楽の建物・設備

障がい者支援施設PURE皆楽

規模と外観

構造:鉄筋コンクリート造3階建て
延床面積:3566.27 ㎡
敷地面積:5401.11 ㎡

2004年に開設した グループユニット型施設です。建物内は木目調の内装に なっているため、清々しい空間になっており、吹き抜けの 中庭は、美しく整えられた庭園になっています。

1階・2階

PURE皆楽の1階は女性のご利用者さま専用フロアとなっています。居室、事務室、医務室、相談室、会議室、調理室、浴室などがあります。

2階は男性のご利用者さま専用フロアとなっています。
障がい者支援施設PURE皆楽の1階
障がい者支援施設PURE皆楽1階の光景
(1)1階玄関から中庭の光景 (2)P(パラソル)ユニット (3)U(うちわ)ユニット (4)浴場は男女別、各フロアに設置 (5)特殊浴槽も完備

障がい者支援施設PURE皆楽2階の光景
(6)1階の医務室 (7)トイレは1階が女性用、2階が男性用 (8)居室は全て個室です (9)中庭は吹き抜けになっています (10)洗面所は各階にあります
障がい者支援施設PURE皆楽皆楽3階

3階

3階では地域生活支援事業を実施しています。

作業室、デイサービスセンター、社会適応日常生活室、浴室(特殊浴槽)、地域交流スペースがあります。地域交流スペースはイベントの際に利用されています。
障がい者支援施設PURE皆楽3階
(1)広大な地域交流スペース。作業室としても利用しています (2)デイサービスセンター (3)デイサービスセンターの和室

上に戻る

障がい者支援施設PURE皆楽の福祉サービス

施設入所支援事業

主として夜間において、入浴、排泄及び食事などの介護、生活などに関する相談及び助言、その他日常生活上の支援をおこないます。

生活介護事業

常に介護を必要とする方に、昼間、入浴、排泄、食事介助などをおこなうとともに、創作的活動または生産活動の機会の提供、その他生活能力の向上のために必要な支援をおこないます。

短期入所事業

居宅においてその介護をおこなう方の疾病その他の理由により、短期間の入所を提供し、必要な保護および支援をおこないます。

地域生活支援事業

居宅において障がいをお持ちの方々を一時的にお預かりし、日中における活動の場を確保し、入浴・食事の提供、創作的活動、機能訓練、レクリエーションなどの支援をおこないます。

障がい者支援施設

PURE皆楽のサービス概要

作業・訓練

作業訓練

屋内作業では、ちぎり絵やビーズ通し、紙すきなどをおこなっています。屋外作業は主に農作業をおこなっています。
農作業
(1)施設のすぐ隣にある畑で農作業を行っています (2)ビニールハウスも建てました (3)堆肥を作るところから行います (4)種から育てます (5)育った苗

農作業
(6)1本1本植えていきます (7)杖は隣の竹やぶに生えている竹を使っています (8)水やりも大切な仕事です (9)手作りの倉庫 (10)ユニバーサルサインで道具の収納場所を分かりやすく

ビーズ作り・千切り絵
(11)(12)ビーズ作り (13)千切り絵

イベント・レクリエーション

毎月の恒例イベントとして、映画鑑賞会や誕生日会を開催しています。季節のイベントは、遠足、夏祭り、運動会、ボウリング大会、クリスマス会、餅つき大会をおこなっています。 また、和歌山県障がい者スポーツ大会には毎年出場しています。
イベント・レクリエーション
イベント・レクリエーション
(右上)(1)白崎クルーズの光景 (2)運動会 (3)(4)夏祭り

イベント・レクリエーション
(6)(7)クリスマス会 (8)お正月の餅つき (9)施設内で開催されたウォークラリー (10)お誕生日会
食事

食事・おやつ

栄養士が一人ひとりの体重や運動量などを把握した上で献立を作成しています。 ご利用者に少しでも外食気分を味わっていただければとの想いと、また、食の喜び・楽しみを感じていただけるよう「グルメランチ」を月1回おこなっています。 週末のおやつは、ご利用者がスタッフと一緒に買い物にでかけて、ご自分の食べたいものを買ってきて食べていただくようにしています。

入浴

各階に浴室を設置しています。介助が必要なご利用者には入浴介助をおこなっています。また3階には特殊浴槽を完備していますので、身体の不自由なご利用者でも入浴することが可能になっています。入浴は毎日おこなっています。
入浴・入浴介助
PURE皆楽の取組み

PURE皆楽の取組み

さまざまな取り組みのなかでも農業にはこだわりを持って取り組んでいます。

土作りは腐葉土や自家製堆肥を使っておこないます。市販されている苗は買わずに種から大切に育てています。もちろん完全無農薬の有機肥料栽培です。

栽培作物は、じゃがいも、たまねぎ、とうもろこし、キムチとうがらし、ナス、トマト、キュウリ、白菜などです。収穫した作物は、採れたての新鮮な状態で調理され、ご利用者の施設での食事に使われることも多々あります。

また畑の隣にある倉庫は、ユニバーサルデザインを採用しており、ご利用者が道具を使いやすいように配慮しています。

上に戻る

障がい者支援施設PURE皆楽の所在地とアクセスマップ

皆楽園について知る

皆楽園からのお知らせ

お問い合わせ