介護保険の基礎知識

  • 和歌山(岩出市・紀の川市・和歌山市)介護・福祉サービス事業所 皆楽園
  • 皆楽園概要
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

介護保険の基礎知識

皆楽園トップページ > 読む > 介護保険の基礎知識

介護保険制度とは

介護保険制度とは、高齢者や40歳以上の国民が保険料を負担して、社会全体で介護が必要な高齢者などを支える制度のことです。 2000年4月の導入以来、利用者は年々増加し続けており、現在では導入当時の2倍以上の高齢者が介護保険制度を利用してサービスを受けています。

介護保険制度の概要

高齢者を支える制度には「年金保険制度」や「医療保険制度」などがあり、これらの制度は高齢者は収入がなくなれば年金で生活ができ、また病気になれば健康保険で治療を受けることができます。介護保険制度は、誰もが安心して老後を迎えられるようにという考えのもと生まれた制度です。

介護保険制度って誰が受けられるの?

介護保険の保険料を支払うのは、40歳以上の方が対象となります。
ですので、介護保険サービスを受けることができるのは、40歳以上の方ということになりますが、以下のいずれかの条件に当てはまらなければ介護保険サービスを受けることができません。

  1. 65歳以上で介護が必要(要介護)、または介護予防が必要(要支援)と認定された方。
  2. 40~64歳で、特定疾病(老化に伴う病気)があって、要介護或いは要支援に認定された方。

介護保険制度のしくみ

被保険者

40歳以上の方が対象となります。
65歳以上を第1号被保険者、40~64歳の医療保険加入者を第2号被保険者となります。

サービスの対象者

65歳以上の方で、常に介護が必要な方や日常生活での支援が必要な方が対象となります。また、40~64歳で医療保険に加入している方は、老化に伴うとされる一定の病気が原因で介護や支援が必要になった場合には、サービスを受けることができます。

運営主体

お住まいの各市区町村が運営主体となります。

介護サービス利用料

原則として1割が自己負担となる。なお、施設入居などの場合には、居住費や食費などの負担が別途必要です。

介護保険はどうすれば利用できる?

介護保険サービスを利用するには、お住まいの市町村の「介護保険担当窓口」に申請して、要介護認定を受けなければいけません。 要介護の認定調査を受けると、その人が介護を必要とする状態に応じて、要支援1または2、要介護1~5の7つの区分に分けられます。 これらの区分に入らない人は、非該当となりますので介護保険サービスをうけることが出来ません。

どんな介護サービスを受けることができるの?

介護保険にて受けられるサービスには、施設サービス・在宅サービスのほかに、お住まいの自治体の住民だけが受けられる地域密着型サービスがあります。 これらのサービスを利用するには、ケアプランの作成が必要です。また、サービスを提供する事業所と利用契約を結ぶ必要があります。

介護保険給付費の負担

介護保険の給付に必要な費用は、利用者の負担を除いて、公費(税金)と介護保険料でまかなわれます。

介護・福祉について読む

お問い合わせ