介護キーワード

  • 和歌山(岩出市・紀の川市・和歌山市)介護・福祉サービス事業所 皆楽園
  • 皆楽園概要
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

介護キーワード

皆楽園トップページ > 読む > 介護キーワード

介護保険(かいごほけん)

介護保険は、「健康保険」「年金保険」「雇用保険」「労災保険」についで、2000年4月にスタートした公的社会保険です。40歳以上の人が保険料を払い、65歳以上で介護が必要になった方が、介護にかかる費用の1割の自己負担で介護サービスを受けることができます。
但し、介護サービスは無制限に使えるわけではなく、申請して認定された要介護度に応じて支給限度額が決まっています。(※特別な病気のある人は、40歳以上から介護サービスを受けることが出来ます。)

要介護認定(ようかいごにんてい)

介護サービスを受けるには、市町村の窓口に申請を行って、要介護認定を受ける必要があります。
要介護認定は、訪問調査をもとに、全国一律の判定基準からコンピュータを使って行われます。その結果と主治医の意見書、調査票の特記事項をもとに介護認定審査会で最終的な要介護度が決まり、本人に通知されます。

要介護度(ようかいごど)

介護の必要度は、要介護1~5までの5段階に分けられます。数字が大きいほど介護度が重くなります。さらに要介護状態となる恐れのある状態を要支援1と要支援2に分け、合計7つの区分を総称して要介護度といいます。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャー(介護支援専門員)とは、介護を受けたい人が、適切な在宅サービスや施設でのサービスを受けられるようにケアプランを作成したり、市町村や介護サービス事業者との連絡・調整を行います。介護サービスを利用する時に、要となる重要な役割を担います。

ケアプラン

ケアマネジャーが作成する介護サービス計画のことをケアプランといいます。

地域包括支援センター

地域包括支援センターとは、2006年4月に行われた介護保険の改正により設置された、主に介護予防を担当する事業所です。要支援1・2の人は、地域包括支援センターでケアプランを作成してもらいます。地域の高齢者の自立を支援する総合相談窓口といえます。

特養(とくよう)

特養とは、「特別養護老人ホーム」を略した呼称です。65歳以上の常時介護が必要な方が入所対象で、その人のケアプランに沿って食事・入浴・排泄などの介護サービスを提供しています。
高齢者の生活の場となりますので、入院が必要な方は入居することができません。以前は4人部屋での共同生活が一般的でしたが、最近では1人部屋も用意されています。

老健(ろうけん)

老健とは、「介護老人保健施設」を略した呼称です。
病院から退院した人が家庭に戻るための通過施設として、機能回復訓練を行います。多くの老健では、継続利用期間は4ヶ月前後に区切られておりますが、家族が引き取れないなどの理由で長期的に利用されているケースが多く見られます。

デイサービス

正式名称は「通所介護」と呼びます。デイサービスでは、日帰りで施設に通い、入浴・食事・レクリエーションなどの介護サービスを受けることができます。
家に閉じこもりになりがちな要介護者にとっては寝たきりや認知症の予防になり、介護者にとっては介護負担の軽減になります。

ホームヘルプサービス

ホームヘルプサービスとは、ホームヘルパーが利用者の居宅に訪問して行う形態の介護サービスのことで、正式名称は「訪問介護」といいます。
ホームヘルプサービスの内容には、身体介護と生活援助があり、同居者がいる場合は生活援助を受けることができません。サービスを提供する形態としては、1日1回の訪問で一定の時間その場にいる滞在型と1日に何回も訪問する巡回型があります。

ショートステイ

ショートステイとは、介護をする人が、病気などが原因で一時的に介護できない状態になった時、要介護者を預かってもらうことができる短期入所型の介護サービスです。 在宅介護を継続させるための切り札として便利に使えるサービスです。

介護・福祉について読む

お問い合わせ